ホームにもどる

表計算システム(AutoCAD LT2000〜、AutoCAD 2000〜、エクセル 2000〜)

注意事項

AutoCAD LT、AutoCAD、エクセル、ウインドウズのバージョンによって作動しないものがあるかも知れないので、必ずデモ版でお試し下さい。製品版のVBAにはプロテクトをかけていません。返品は一切行いませんので、不安な方は購入を差し控えて下さい。

特徴

定形の図を書かせる時に決まりごとや共通の入力値がある場合少ない入力で図を書かせる、
特に縦と横の縮尺(縦断図や展開図)が違う場合に便利である。
また外部からの多量のデータ(座標値)から図化する場合などもそうである。
これらの入力をエクセルのシートで行なうことで多くの利点がある。

各プログラムの説明 

1.道路縦断作成  詳しい操作方法

下図が作図例です。

【 エクセルによる入力例 】

【 図 化 】

【 計算書 】

最初にもどる

2.測点図化  詳しい操作方法

  • X値とY値を逆指定できます。(測量座標系にも対応) 
  • 図化に2次元、3次元の選択ができます。 
  • 前の点と結線できます。 
  • 点名だけでなくZ値も表示できます。 
  • 画層を測点名の頭文字で画層名を変えることも指定できます。
  • SIMAフォーマットの入出力も出来ます。
  • 面積計算も出来ます。

【 エクセルによる入力例 】

【 図 化 (面積の場合)】

【 図 化 (一般の場合) 】

最初にもどる


最初にもどる  申込み用紙   デモ版 ホームにもどる